100%植物タンニンなめしを施した牡牛のショルダー部分に、イタリアの伝統的な手法の手染めにより色を重ねて作られた革は、大胆なシボと透明感のある上品な艶が見る者を魅了します。このエレガントさと気品を併せ持つ革を活かすべく、あえてシンプルなフォルムにこだわり、軽量で機能性に優れ、使い勝手が良いバッグに仕立てました。また、肉盛りやコバ磨きといった職人ならではの技を融合させることで、存在感あふれる佇まいを見せています。

お問い合わせはINDEEDへ